↑

ブログBlog

夏の暑さ対策 ― 住宅の今すぐできる対策と来年へ向けての準備 ―

こんにちは、広報担当の大坪です。
今年も熱い日が続きますね…私が子供の頃は、「えぇー!今日30℃もあるの‼?」と言う感じで、35℃が当たり前の時代が来るなんて夢にも思っていなかったものです。

本日は、家の暑さ対策を“今すぐできるもの”と“来年の夏までにできること”に分けてご紹介したいと思います。

― 今すぐできる対策 ―

まずはご自分ですぐに実践できる、手軽な対策をご紹介します。

① 窓やガラス戸への日射を遮る

既にご自宅が複層ガラスや2重サッシの方は、窓際の暑さを感じることは少ないかもしれません。しかし昔ながらのサッシや1枚ガラスの場合は、相当の熱量を窓から室内に取り込んでしまうことになります。これではエアコンでいくら冷やしても効率が悪いですよね。

そこでまず効果的なのは、窓へ直接当たる日射を遮るための“外付け”のブラインドやオーニングの設置です。室内付けブラインドでは直接窓に日射を受けてしまうため、外付けであることが重要です。窓全体をしっかりと覆うように設置しましょう。大がかりな物でなくとも、ホームセンターで購入しDIYできる範囲でも充分効果は期待できます。

また、手入れ・世話が必要ではありますが、グリーンカーテンも効果的です。網に蔦植物を絡ませながら育て、遮光だけでなく空気を冷やす作用も利用できます。
(生きた植物ですので種類によっては虫がきます。虫嫌い・園芸不得手の方はやめおきましょう。。。)

併せて行いたいのが断熱シートやフィルムの貼付です。同じくホームセンターなどで購入できますので、窓のサイズを確認して購入してくださいね。

② 窓やガラス戸に面した地面の照り返し予防

太陽光に含まれる赤外線は照り返しで室内に入る事で室温を上げ、寝苦しさやエアコンの効きを悪くする側面があります。そこでテラスやベランダに“木製すのこ”や“人工芝”を敷くことで、日光の照り返しを緩和し赤外線による輻射熱を軽減することができます。

③ サーキュレーターで室内の温度差を無くす

ご存じの通り空気は、冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へと溜まる性質があります。せっかくエアコンを付けていても冷気が床の方へ溜まってしまっては、温度差が生じてしまい快適な温度とは言えません。

そこで活躍するのがサーキュレーターです。サーキュレーターは風力が強く、その風力を利用して温度や湿度などの室内環境を送風で整えて快適さを実現することができます。
対して扇風機は風力が強くないのに対して風量が多く、風を直接浴びて涼むのに適していますので、空気の循環には不向きです。

サーキュレーターを使用すれば温度差のためにエアコン温度の調節をする必要が下がり、電気代の節約にもつながりますよ。

― 来年へ向けての対策 ―

今すぐには難しいかもしれないけれども、来年の夏までになら施せる対策をご紹介します。

① 風の通り道をつくる

軽いリフォームでできるのが、玄関扉の網戸又は採風機能付き玄関ドアの設置です。
窓の配置によっては家中の換気が難しいこともありますが、玄関から一番奥の窓・ガラス戸の間で風を通すことができれば、籠った熱を換気しやすくなります。

エアコンを入れる前に一旦換気することで、エアコン効率の改善や電気代の節約にもつながります。

② 既存窓・ガラス戸を複層ガラスにリフォーム、内窓を付ける

窓などの開口部は、熱の入りが非常に多い重要改善ポイントです。
複層ガラスとは、2枚のガラスで中空層をつくることで優れた断熱性能を発揮する窓です。幅の広い中空層にアルゴンガスを封入することで断熱性能をさらに向上させたものもあります。

ガラス1枚の単板ガラスに比べ熱が伝わりにくいため、室内温度を保つことができます。
冷暖房効率も良くなり省エネで、冬の結露も発生しにくくなる、とてもメリットの多いガラスです。

また、既存窓・ガラス戸に内窓を取り付けるのも効果的です。内窓を取り付けることで、今ある窓との間に空気層が生まれます。これが壁の役割となり、断熱効果や防音効果が期待できるのです。

③ 断熱リフォームを施す

熱の入りが一番多いのは前項でも紹介した開口部ですが、外壁・屋根・床ももちろん大切です。
断熱リフォームは補助金もありますので、うまく活用して快適な家に生まれ変わらせてはいかがでしょうか。

「今すぐできる」の項で紹介した簡易的なブラインドやオーニングの効果では足りない場合は、思い切って本格的なオーニングや、スリットシャッターなども施工すると良いでしょう。

最後に

年々最高気温が更新され、夏はどこまで暑くなるのか…不安になってしまいますよね。断熱はとても大切です。実は熱中症は家の室内でとても多く起こっています。日中だけでなく夜寝ている間にいつの間にか、と言う事もあるのです。
リフォームは内容によって費用や期間がネックになることが多いですが、「今すぐできる対策」はぜひすぐにでも実践してみてくださいね。

それでは、暑さに負けず健康で快適な毎日をお過ごしください!

Back to listリストに戻る